2.滞在先の大学と周辺の農村を歩くと見えてくる、インドの村が有機農業を選んだ理由


スタディツアーでは、インドのウッタルプラデーシュ州アラーハーバード県にあるサムヒギンボトム農工科学大学・継続教育学部(マキノ・スクール)と周辺農村を訪ねる。インドの農村を知りたい、インドの有機農業を学びたい、将来国際協力活動をしたい、そんな方におすすめのツアー。

関連ツアー:


PAGE TOP