【終了】やんばるの村 高江のはなしをしよう 週末、わたしの暮らしをみつめるシネマ&ピクニック


photo

沖縄本島の北部、「やんばる」と呼ばれるエリア。
やんばるの森に抱かれるようにたたずむ高江の集落。
自然と共存しながら食べ、眠り、働き、子どもを産み育ててきた集落の暮らしに
今、大きな大きな力が影響を及ぼしています。
それって何?わたしと何か関係あるの?
ひとつの村に起こっているできごとから、わたし自身の今まで・これからの暮らし方を考える・・・
そんなイベントとして企画しました。
映画を見るだけ、の参加もOK!
映画を見た翌日、ぶらっとピクニックイベントに参加するのもアリ!
どなたもお気軽にご参加ください。

こんな方におすすめ
・スローライフ・エコ・エシカル・フェアトレード・ソーシャルビジネス・・・
共感して、できるところから実践している
・国際協力・海外支援に興味を持って情報収集したり勉強したりしている
・世界情勢などの難しいことはよくわからないけど、紛争で人や自然が傷つくことはできるだけ起こらない方がいい、平和が大事と思っている
・まちづくり・地域活性化・地方創生に関心があったり関わったりしている
・とにかく沖縄が大好き

「高江ってどこ?何が起こってるの?」 がわかる参考資料

■HP やんばる東村 高江の現状 (ブロッコリーの森を守る会)
トップにある「Voice of TAKAE」(高江で起こっていることを知るためのガイドパンフレットPDF)は必見。この上映イベントでも配布予定です
■HP 生物多様性の宝庫、辺野古・高江を守ろう! (国際環境NGO FoE Japan)
緊急声明には、今起こっていることがシンプルにまとめられています。署名・賛同もできます
■FB 高江サポーター
高江に暮らす生き物たち、高江に集まる人たちの姿が日々アップされています
■HP 高江ヘリパッド 専門家・NGO・国際的な反対の年表 (Project Disagree)
「島々から海を越えて、拡がりを持っていることが伝わってくるような一覧」とある通り、高江で起こっていることを考える普遍的な意味がわかる資料です

photo

photo

映画上映&トークイベント 「標的の村」のミライ

日時 (2回上映 入れ替え制)
2016年9月23日(金)
1回目 午後4時から6時
2回目 午後7時から9時

会場
西宮大学交流センター
(西宮市北口町1番2号 ACTA西宮東館6階)
・阪急電車「西宮北口」駅より北東へ徒歩2分
・駐車場 ACTA西宮 地下(約600台収容) 30分ごとに150円
・駐輪場 ACTA西宮 東館・西館1階 3時間まで無料

参加費
前売りチケット(一般) オンラインチケット840円 紙チケット800円
前売りチケット(学割・障がい者割) オンラインチケット525円 紙チケット500円
当日チケット(一般) 1,000円
当日チケット(学割・障がい者割) 700円
*参加費=上映料・会場借料・印刷費などの経費実費をご負担頂くものです。

前売りチケットの買い方
・オンラインチケット=インターネット(Peatix)で申し込み。お支払いはコンビニ・ ATM (ペイジー)・Paypal・クレジットカード(JCBまたはAMEX)がお使いいただけます
・紙チケット=下記の場所でチケットを入手。お支払いはその場で現金にて申し受けます。

☆前売り紙チケットの買えるスポットはこちら☆
西宮甲東園のカフェ&レストラン アジアンナチュラルフード カフェナディ
王子公園のアジア・エスニック料理 ごはんやルリカケス
NPO法人ムラのミライ関西オフィス
〒662-0856 兵庫県西宮市城ケ堀町2-22 早川総合ビル3F
TEL&FAX.0798-31-7940
株式会社マイチケット

定員
各回145名

映画『標的の村』情報
解説 / 全国各地の上映会info

まったり河川敷イベント やんばるピクニック

日時 2016年9月24日(土)午後4時頃から7時頃
会場 武庫川河川敷
(尼崎市武庫川町4丁目27-1)
・阪神電車神戸線「武庫川駅」より徒歩2分
武庫川駅で電車を降りたら、東側の改札を出る
→「駐輪場の管理事務所」の前を通って河川敷へ

 

 

 

 

 

 

やんばるピクニックって?
武庫川の河川敷で夕涼みしながらただただの~んびりしたり、高江や沖縄に関する本を読んだり、人と知り合ったり・・・
映画を見て感じたこと・考えたことを思い思いに深める場を提供する、ユル~いあつまりです。
一人でぶらっと来てカフェコーナーでお茶するもよし、友達とお弁当を持ってきて食べてもよし、
下記のようなイベント内イベントに参加するもよし。
映画「標的の村」を見て感じたことを、自分のスタイルでゆっくりふりかえってみるスペースがあればいいな
と思って企画しました。

「やんばるピクニック」内イベント
・焼き菓子ショップ カフェコゲツドウ
・フェアトレードのココナツオイルショップ Love’s Gallery
・高江グッズのお店 「PEACE TAKAE やんばるTシャツ」や手ぬぐい・ポストカードを販売します
カフェコーナー 沖縄のグアバ茶を提供します。マイカップをご持参ください
・カヌー体験 「これでアナタもジュゴンのいる海にこぎだせる!かも」
・やんばるの森に思いをはせる資料&本コーナー
・三線(さんしん)を弾いてみよう!ミニ三線クラス
・いつでも愛とユーモアを持てるカラダとココロの整え方 陰ヨガ&マインドフル瞑想クラス

☆カヌー体験・三線クラス・ヨガクラスなどの参加資格☆
→上映イベントのチケットをお持ちの方

参加費・持ち物
無料!
近辺にコンビニエンスストアやスーパーはありません。飲み物をご持参ください

Facebookイベントページ

photo

共催

(お申込・お問い合わせもこちらにどうぞ)

特定非営利活動法人 ムラのミライ
〒662-0856 兵庫県西宮市城ケ堀町2-22 早川総合ビル3F
TEL&FAX.0798-31-7940

株式会社マイチケット
〒660‐0084 尼崎市武庫川町4-­27-­1
TEL:06-4869‐3444
FAX:06-­4869‐5777

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

<ドキュメント映画「標的の村」自主上映にあたって>

マイチケットが企画する「オルタナティブツアー」は、世界の様々な地域で、基地
の問題と出会う旅でもあります。

NPO法人アクションのツアーで訪ねるフィリピンのオロンガポ。1980年代に、この
町には沖縄をしのぐ、アジアで最大の米軍基地と呼ばれたスービック海軍基地があり
ました。マイチケットは、このころから米軍の町を訪ねるツアーを実施してきまし
た。当時のオロンガポには米兵相手の歓楽街が広がり、買春や貧困がツアーのテー
マとなっていました。1991年にピナトゥボ火山の大噴火があり、その後基地が返還
されました。今では、かつて基地だった地区の再開発が進み、基地のない町として
再生したオロンガポの将来を担うこどもたちとの交流が続いてます。

ハワイ先住民オアフ島にマカハファームがあります。島の西に位置するマカハ地区
にはハワイ先住民などが暮らしています。マカハ地区に隣接する谷には米軍の実弾
演習場があり、時折雷のような音が響きます。象の檻と呼ばれるレーダー施設の電
磁波による健康被害も心配されています。神や先祖を祭るヘイアウも演習場の中に
あり、お参りするのも自由ではありません。演習の合間に監視の米兵が同行するお
参りとなります。マイチケットとマカハファームは、30年にわたる交流がありま
す。1995年に私たちが基金を募ってマカハファームにピースセンター(ホア・
アイナ・オ・マカハ)を建設し、このセンターは今も地域の平和運動の拠点となっ
ています。マカハファームとの交流は、大学のプログラムとして継続していますが、
ツアーとしては中断しているため再開をのぞむ声がマイチケットに届いています。

「あなたがたは私たちに、なぜ軍隊がないのかと尋ねる。しかし私はあなたがたに
逆に聞きたい。なぜあなたがたは軍隊を持つのか。」軍隊を捨てた国コスタリカを
訪ねると、こんな質問に出会います。軍隊や基地の持つ意味を根本から考えるヒン
トを探すことが、コスタリカへの旅のテーマです。

そして今回の映画「標的の村」の舞台は、沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれる
エリアです。やんばるの森に抱かれるようにたたずむ高江の集落。そこでは、米軍
のオスプレイ用の飛行訓練用ヘリパッドの建設が進められています。沖縄でのでき
ごとは、私たち自身の問題であり、私たちが訪ねる世界の様々な地域の人びとにつ
ながる問題でもあります。ドキュメント映画「標的の村」の自主上映が、私たちが
基地について、軍隊について、もう一度見つめ直す機会となることを期待していま
す。

                       マイチケットスタッフ一同


PAGE TOP