ツアーをさがす

【終了しました】<ストリートチルドレンを考える会>ストリートチルドレンと出会う旅


【呼びかけ】ストリートチルドレンを考える会 【訪問先】フィリピン
2016年3月30日(水)~2016年4月6日(水)
旅行代金 150,000円

DSC_5334(1)

フィリピンの首都マニラとその周辺地域では、多くの子どもや家族が路上生活をしています。「ストリートチルドレン」、「ストリートファミリー」と呼ばれる人たちです。彼ら、そして彼らを支える現地NGOのスタッフと出会うことを通して、路上暮らしの子どもたちの問題を、一緒に考えてみませんか?
旅の案内人は、25年間「ストリートチルドレン」の取材を続ける、ジャーナリストの工藤律子氏とフォトジャーナリストの篠田有史氏です。

訪問するNGOなど(予定)

・NGO「チャイルドホープ・エイジア・フィリピン」
1989年に設立された国際NGO「チャイルドホープ・エイジア」のフィリピン支部。フィリピンでは、データ収集や出版、子ども関係のセミナー等を行う一方、ストリートエデュケーターを育成し、首都圏内のストリートチルドレンを直接訪ねて歩く「路上教育」と、貧困地域のコミュニティ支援を実施している。

・NGO「バハイ・トゥルヤン」
団体名は、フィリピンの言葉で「歓迎の家」を意味する。1987年設立。現在、マニラ首都圏、ケソン、ラグーナで計3つの定住ホームや職業訓練センターを運営。また、マニラ首都圏を巡回する「モバイル・ユニット」という車を使った路上活動も行っている。路上で暮らす子どもたち、ストリートファミリーの子ども、貧困家庭で虐待や養育放棄、人身売買などの問題に巻き込まれた子どもを対象に活動している。

・NGO「セラズ・センター・フォー・ガールズ」
1993年設立。マニラ首都圏パサイ市にある施設は、路上や家庭で性的な虐待を受けた、あるいはその危険がある状況に置かれている、または性産業で働かされていた少女たちを対象に活動している。少女たちは、各地のNGOや政府機関に保護された後、同NGOの施設へ来て心とからだのリハビリをしながら学校へ通い、約1年生活する。その後は、定住施設入所、里親との生活、自立などの道を選択する。

・NGO「パアララン・パンタオ」
マニラ首都圏ケソン市のパヤタス地区にあるゴミ集積場(dumpsite)のすぐ脇にある、貧困家庭の子どもたちのためのフリースクール。その名称「パアララン・パンタオ」は、「思いやりの学校」という意味。1989年この地域で住民リーダーをしていたレティシア・レイエスさんが開設した。2000年7月に起きたゴミ山の崩落事故後、隣町モンタルバンに移住を余儀なくされた子どもたちのために、2003年モンタルバン校も開校。2007年12月、アジア人権賞を受賞した。

・NGO「パンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン」
「パンガラップ・シェルター・フォー・ストリートチルドレン」とは、「路上の子どもたちに夢をもたらす場所」という意味。1989年からマニラ首都圏パサイ市を中心に活動しているカトリック系NGOだ。パサイ市にある施設では、主に路上から来た少年たちを対象に活動している。その他、貧困家庭を対象にスラムでの活動も展開する。

★ココナッツ・エコ・ツアー

NGO「バハイ・トゥルヤン」の若者によって運営されるこのツアーでは、ココナッツの木を利用して人々が生計を立てている、ケソン州サン・アントニオを訪問。ココナッツオイルづくりの行程、ココナッツの木の葉を使ったほうきなどの製作、ココナッツ水の成分、ココナッツミルクの利用法など、ココナッツの木のエコリサイクルについて学ぶ。このツアーを通して、フィリピンの農村の生活をかいま見ることもできる。

日程表

【旅程/プログラム】
日付 旅程/プログラム 宿泊地 食事
3月30日
(水)
夕方 成田発
深夜 マニラ着
ホテル泊 -
3月31日
(木)
終日 NGO訪問 ホテル泊
4月1日
(金)
終日 NGO訪問 ホテル泊
4月2日
(土)
終日 NGO訪問 ホテル泊
4月3日
(日)
終日 ココナッツ・エコ・ツアー ホテル泊
4月4日
(月)
終日 NGO訪問 ホテル泊
4月5日
(火)
終日 NGO訪問 ホテル泊
4月6日
(水)
午後 マニラ発
夜  成田着
- -

実施要項

【実施要項】
旅行代金  150,000円
※2人1部屋利用(男女の人数バランス上、3人部屋になることもあります。)
※成田空港発着。関西空港発着をご希望の方はご相談ください。
旅行代金に含まれるもの ・往復航空運賃(成田〜マニラ往復)、燃油特別付加運賃、空港使用料、空港税等
・宿泊費(ホテル7泊)
・食費(昼食6回)
・現地でのグループ移動の交通費、現地NGOへの謝礼、通訳・案内の経費
利用予定航空会社  日本航空
利用予定宿泊施設  Pension Natividad
食事  昼6回
最少催行人員  6名
募集予定人員  8名
※申込み先着順。
※申込締切:満員になり次第締め切ります。
添乗員  添乗員は同行しません。
案内役の篠田氏か工藤氏が行きの成田空港から帰りのマニラ空港国際線出発フロア入り口まで同行、案内します。
参加条件 ・NGO「ストリートチルドレンを考える会」会員の方、または申込時に会員になられる方。(年会費3000円)
・旅行後、「ストリートチルドレンを考える会」のニュースレターに感想文を書いてくださる方。
パスポート残存期限  入国時6ヶ月+滞在日数以上必要
査証  必要ありません。
ツアー呼びかけ団体

 ストリートチルドレンを考える会

  *公式サイトは→http://children-fn.com/

旅行企画実施  エアーワールド株式会社
大阪市中央区内本町2−2-14−207号
観光庁長官登録旅行業961号/日本旅行業協会(JATA)会員
問い合せ申込み  株式会社マイチケット メールは→
エアーワールド㈱代理店
日本旅行業協会(JATA)協力会員/兵庫県知事登録旅行代理店業第142号総合旅行業取扱管理者:山田和生
※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、
事前にご確認の上お申し込みください。
お申込・お問い合わせ先:株式会社マイチケット

〒660‐0084 尼崎市武庫川町4-­27-­1
TEL:06-4869‐3444
FAX:06-­4869‐5777
エアーワールド(株)代理店/日本旅行業協会(JATA)協力会員
兵庫県知事登録旅行代理店業第142号(総合旅行業務取扱管理者:山田和生)
旅行企画・実施:エアーワールド株式会社
〒540‐0026 大阪市中央区内本町2‐2­‐14­‐207
観光庁長官登録旅行業961号 日本旅行業協会(JATA)正会員


PAGE TOP