マイチケット
  

イカロスメール

  

第21回NGOスタディツアー合同説明会


◆◇===============================================◇◆
||||| メール イカロス No.535 ||||||
◆発行(株)マイチケット◆
■2019.9.30 トラベルメールマガジン  ◆ 無 料 ◆
===================================================◇◆
(株)マイチケット TEL 06-4869-3444  TEL 03-3222-7800
https://www.facebook.com/myticket39
※フェイスブック ほぼ毎日更新しています。
◆◇= INDEX ================================◇◆
■第21回NGOスタディツアー合同説明会
■営業時間変更のご案内
■ツアー情報
・ICYEジャパン:インドネシア 日本語/文化交流ツアー
■後記 ひとこと【山田】
「ディーセント・ワーク」と「コミュニティ・ビジネス」
===================================================◇◆
■■■ 第21回NGOスタディツアー合同説明会 ■■■
日時:11月30日(土)13:30〜17:00
会場:龍谷大学 大阪梅田キャンパス
(ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)
http://myticket.jp/guidance/study-tour-guidance

「ツアーの具体的な内容を聞きたい」
「初めてでも、一人でも参加できるの?」
「言葉や環境に不安がある」
「ホームステイはどんな様子?」
そんな疑問をNGOのスタッフや過去のツアー参加者に
直接質問できる説明会です。
申込不要、参加費無料です。皆さまのご来場お待ちしております。

【出展団体】
・アーシャ=アジアの農民と歩む会(インド)
・ICYEジャパン(インドネシア)
・アクション(フィリピン)
・アクセス-共生社会をめざす地球市民の会(フィリピン)
・ウータン・森と生活を考える会(インドネシア)
・CFFジャパン(フィリピン、ミャンマー、マレーシア)
・ツナミクラフト(タイ)
・PHD協会(ネパール、ミャンマー)
・緑の地球ネットワーク(中国)
・NGO相談員

■■■ 営業時間変更のご案内 ■■■
マイチケットは10月から、土曜を休業とします。
10月からの新しい営業時間
月〜金    10:00 〜 18:30
土・日・祝  休業

===================================
    ツアー情報
===================================
【ICYEジャパン:インドネシア 日本語/文化交流ツアー】
日本語を学ぶ大学生・高校生との交流スタディツアー!
日本語教育体験・インドネシア文化体験も!

日程:2020年3月13日(金)〜3月23日(月)
旅行代金:210,000円
http://myticket.jp/archives/icyejapan202003.html

海外の教育制度や言語教育に興味のある方はもちろん、
観光や文化的要素も盛りだくさんなので、
異文化交流などに関心がある方にとっても有意義なツアーです。
期間中は日本語教育の現場体験だけでなく、ボロブドゥール遺跡、
ジャワ市内観光&モスク見学、
バティック体験(ジャワ更紗)体験も行います!

ツアー関連動画で団体やツアーについてより詳しくご紹介!
■ICYEとは
http://myticket.jp/movie/7763

■インドネシア日本語教育スタディツアー!
http://myticket.jp/movie/7765

■スタディツアー参加者の声
http://myticket.jp/movie/7767

皆さまのお申し込み、お問い合わせをお待ちしております。

===================================
  後記 ひとこと 【山田】
===================================
「ディーセント・ワーク」と「コミュニティ・ビジネス」

マイチケットと古くからつながりのあるAさんが、ある雑誌の連載に
マイチケットを推薦してくださったことから掲載が決まった。
「ディーセント・ワークを目指す職場」これが連載のタイトルである。
ということは、マイチケットはどうも「ディーセント」な会社らしいぞ。
ところで、「ディーセント」って、なんなの? 不勉強なことに、
マイチケットには「ディーセント」という自覚が全くなかった。
そもそも、単語を知らないのだから話しにならない。
ネットで調べてみると、国際労働機関ILOの役割として
「ディーセント・ワークの推進」という言葉が出てくる。
「ILOは、全ての人にディーセント・ワーク Decent Work for All の実現を
目指して活動を展開している」ということらしい。
「ディーセント・ワーク」の言葉の意味は「権利が保障され、十分な収入を
生み出し、適切な社会的保護が与えられる生産的な仕事」を意味している。
ひとことで言うと「働きがいのある人間らしい仕事」ということになる。
マイチケットが「働きがいのある人間らしい仕事」として雑誌に
掲載されるということは、ありがたいことである。しかし「ほんとうに、
そうなんだろうか?」という思いと、「掲載されるんだから、
この際ほんとうに、そうならなくちゃ!」という思いが交錯する。
 掲載される雑誌は「労働の科学」という月刊誌。バックナンバーの表紙を
めくると最初にでてくるカラーページの全面が「ディーセント・ワークを
目指す職場」という連載であり「ディーセント・ワークを目指す職場づくりに
取り組む良好な事例」が毎号紹介されている。

 ところで、マイチケットは実は「コミュニティ・ビジネス」でもある。
これも全く自覚はなかったのだが、2006年に「おおさかコミュニティ・
ビジネス・アワード」に推薦されて「大賞」を受賞した。大阪府知事、
大阪市長、大阪商工会議所会頭などが名前を連ねる立派な記念の盾を
いただいたので、「コミュニティ・ビジネス」であることは、まちがいない。
 「コミュニティ・ビジネス」というのは「市民が主体となって、
地域社会の課題をビジネスの手法により解決する事業」などといわれている。
ここでいう「地域」は、そのころは「会社の所在地の周辺の地域」みたいな
意味で使われていたが、受賞理由は「世界のコミュニティ」をつなぐ
ビジネスという位置づけになっていた。最近は、世界各地の地域の人々に
根ざした旅を「コミュニティ・ベースド・ツーリズム」と呼ぶこともあるので、
当時の選考委員は時代の先を読んだ人々だったのかも知れない。

 思いもよらないことに、マイチケットは「ディーセント・ワークを目指す
職場」であり「コミュニティ・ビジネス」であるということになってしまった。
時代は、私たちにそのような呼び名を与えてくれたようだ。

===================================
 ■□■ マイチケット スタッフ募集 ■□■
===================================
 あなたもマイチケットの旅行を創るスタッフに!

業務内容:予約手配をはじめ旅行業務全般
     コンピュータでの情報処理・英語での情報処理
待遇  :弊社規定による
募集人数:2名
勤務  :2020年4月勤務開始
募集対象:2020年3月大学卒業の方を対象とします。
     やる気のある人であれば、この募集対象に限らず、広く募
     りたいと考えています。
応募方法:履歴書をマイチケットまで郵送でお送りください。
詳細は担当 山田まで

http://myticket.jp/shinchaku/6363

=======================================================
■□■ 発行 株式会社マイチケット ■□■
=======================================================
TEL 06-4869-3444  TEL 03-3222-7800
http://www.myticket.jp
〒660-0084 尼崎市武庫川町4-27-1
=======================================================


PAGE TOP