マイチケット
  

イカロスメール

  

明けましておめでとうございます


メールイカロス No.476
発行:(株)マイチケット 2010年1月9日 トラベルメールマガジン

明けましておめでとうございます

 師走の忙しさの中で、マイチケットではコンピュータの総入れ替えをした。
真新しいコンピュータで新年をむかえ、心も「環境」も新たな2010年の仕
事始めである。

 コンピュータの購入に際して、0120から始まるフリーダイヤルに電話をかけ
ると担当者の日本語には少々癖があった。そこで「この電話は、どこにつなが
っているのですか」と聞くと、答えは「シンガポール」であった。商品は上海
の工場から出荷されて3営業日で手元に届くという。今やサービスも商品も、
国境や空間を軽々と越える時代である。
 
 人が国境を越えるお手伝いをする私たちの仕事も、ここ数年で大きく様変わ
りした。郵送で届けていた紙のチケットがなくなり、Eチケット(電子チケッ
ト)になった。Eチケットはメールに添付して瞬時に世界中に送ることができ
る。「中米カリブ海の島ドミニカ在住の人をヨーロッパ経由で日本に招くか、
あるいはアメリカ経由で日本に招くか」こんな地球規模での移動の相談も珍し
いことではない。

 それでも、人の移動には航空便の条件や査証など様々な制約がある。複雑な
情報を読み解いて安心して移動するためには、安心して相談できる窓口が必要
である。今日もマイチケットのオフィスには、全国各地からの問い合わせが飛
び交ってる。専門性や特殊性を持った安心できる旅行社であれば、それがどこ
にあるのかなどということはあまり大きな問題ではないのかもしれない。

 スタディーツアーにおける感染症の勉強会「セーフ・トラベル・セミナー」
の取り組みも4年目を迎え、今年から東京、大阪に加えて福岡でも開催する。
NGOのスタディーツアー合同説明会も東京と大阪で開催している。

 「チケットレス時代のマイチケット」なんだか矛盾した会社の名前のように
聞こえるが、その役割と存在価値が、そろそろ見え始めてきた。

2010年正月

                  株式会社マイチケット 社員一同


PAGE TOP