イカロスメール

  

スタディツアー・学生の「目利き」の評価と、旅のプロ評価


メールイカロス No.481
発行:(株)マイチケット 2010年11月4日 トラベルメールマガジン

スタディツアー・学生の「目利き」の評価と、旅のプロ評価

 今年の春に専修大学でNGOのスタディツアーの評価に取り組んでいる講
座に招かれた。学生がNGOのツアーに参加してその評価を語り合い「お薦め
のツアー」から「人に薦められないツアー」まで様々な評価を付けているとい
う。その講座に私が招かれたのは企画する側の旅行社から見たツアーの評価に
ついて語り合うことが目的である。
 「人に勧められない」などとツアーを評価する学生が、いったいどれだけの
見識を持っているのか。生意気なことを言う学生がいたらバッサリと切り返し
てやる。学生と対決する意気込みで身構えて乗り込んだのは、旅のプロである
以上いうまでもないことだ。
 消費者としての参加者の視点でツアーを評価をするのは一面的でしかない。
特にスタディツアーの場合は、企画に関わるNGOのスタッフや現地で受け
入れてくれる人々はツアーを生業としているわけではない。目的と意義に賛同
する人々が、仕事と暮らしの合間に協力してくれることで、スタディツアー
が成り立っていることを忘れてはならない。「訪れる側の視線だけでなく受け
入れ側の視線を君たちは考えてみたことがあるのか」「受け入れ側にとって君
たちの旅は好ましい出会いであったのか」この点をおおいに強調してやろう。
私は手ぐすね引いて想定問答を準備していた。
 ところが、「生意気な学生」という予想とは全く異なるタイプの学生が私を
出迎えた。彼らは、スタディツアーを人生の素晴らしい機会として積極的にと
らえる実に素直で熱心な学生たちであった。彼らは、せっせとアルバイトに励
み、その成果である貴重な予算と時間を惜しげもなくスタディツアーにつぎ込
んでいた。限られた予算と限られた時間を最大限有効に活用したいという、ま
っすぐな動機からの議論が始まった。
 大学の中で学生が参加するツアーといえば、単位に組み込まれたスタディツ
アーが一般的である。半年から1年にわたっての事前事後のプログラムが用意
されていることが多く、大学からの手厚い助成金があるケースも少なくない。
 しかし、NGOのスタディツアーに乗り込んでその評価を授業で語りあうと
いう今回の講座では、あるツアーに参加した先輩が、その評価を後輩に伝える
ことが大切になる。いわゆる「目利き」の役割を果たすには、自分の経験から
「人に勧められない」ということもありうる。このように、今のところツアー
の評価は外部に公表されていないので、学生の内部的な「目利き」の評価とい
えそうだ。
 意気込んだ私にとっては、いささか拍子抜けの感があった。しかし、生意気
や反骨がはやる時代でもない。それよりも、ツアーの企画側は学生からこんな
に期待されているのだという、うれしい実感をお土産にいただいた。この講座
は人気が高く受講者が定員を超えてしまうこともあるそうだ。
 学生の「目利き」の評価と、旅のプロの目から見た舞台裏の評価の議論がど
のように交わされたのか、その点が皆さんの関心事かも知れない。公表すると
差し障りのあるほどの話しではないが「ツアーを企画しても思うように参加者
が集まらない」と嘆くNGOのツアー企画担当者には耳が痛い内容であったこ
とは確かだ。

 恒例となったNGOスタディツアー説明会。今回は16団体が参加する。私
が進行を務めるパネルトークでは学生の「目利き」の評価と旅のプロの評価の
議論の一端を公開しながら「スタディツアー人気の秘密」に切り込んでみたい。
ジュニア世代、学生に人気の「アクセス」のフィリピンツアー。シニア世代、
おじさんに人気の「緑の地球ネットワーク」の中国植林ツアー。参加者の傾向
が異なる二つのツアーの企画担当者に迫り、その人気の秘密を探る。

■□■ いってみよう!もうひとつの旅~スタディツアー説明会~ ■□■

年末年始、春休みにスタディツアーやワークキャンプを行うNGOが一同に集ま
り、スタディツアーの説明会を行います。バリ島往復航空券が当たる抽選会も
あります。スタディツアーやNGOの活動に関心のある方、ぜひご参加ください。

<第1部>14:00-15:00
パネルトーク「スタディツアー人気の秘密~ジュニア世代vs.シニア世代~」

ジュニア世代、学生に人気の「アクセス」のフィリピンツアー。シニア世代、
おじさんに人気の「緑の地球ネットワーク」の中国植林ツアー。参加者の傾向
が異なる二つのツアーの企画担当者に迫り、その人気の秘密を探ります。スタ
ディツアーの選び方、楽しみ方のポイントをNGOスタッフといっしょに考え
てみませんか。
ゲスト:緑の地球ネットワーク/アクセス-共生社会をめざす地球市民の会

<第2部>15:00-17:00
スタディツアー説明会「NGOに直接きいてみよう!」<16団体が参加>

「ツアーの具体的な内容を聞きたい」「初めてでも、ひとりでも参加できるの?」
「言葉や現地の環境に不安がある」「ホームステイはどんな様子?」そんな疑問
にNGOのスタッフが直接お答えします。参加を迷っている、国際協力やNGO、
ボランティアに関心がある。そんな方はぜひご参加ください。これだけまとま
ったスタディツアーの「生」の情報が得られる場は他にはありません!
 ◇NGOのブースでツアーの話しを直接に聞ける。質問できる。
 ◇当日参加していないNGOのツアーのパンフレットも手に入る。
 ◇スタンプを集めるとバリ島往復航空券が当たる抽選に参加できる。

【日 時】 2010年11月13日(土)14:00-17:00
【会 場】 龍谷大学 大阪梅田キャンパス 研修室
       ヒルトンプラザ・ウエスト・オフィスタワー14階(大阪駅前)
【参加費】 無料
【共 催】 龍谷大学ボランティア・NPOセンター
       特定非営利活動法人関西NGO協議会、マイチケット
【お問合せ】 (株)マイチケット  TEL 06-4869-3444


PAGE TOP