マイチケット
  

イカロスメール

  

今からでも間に合う!今年の夏もうひとつの旅へ


メールイカロス No.506
発行:(株)マイチケット 2015年7月6日 トラベルメールマガジン

◆◇=====INDEX=====◇◆
・今からでも間に合う!今年の夏 もうひとつの旅へ
オルタナティブツアーの原点
タンザニア タンザニアの農村滞在
コスタリカ ピース&エコツアー
・マイチケットスタッフ募集【再掲載】

■□■オルタナティブツアーの原点■□■
今からでも間に合う夏のツアー。中でもおすすめの「タンザニアの農村滞在と民族音楽〜オルタナティブツアー・タンザニア2015夏」と「コスタリカ・ピース&エコツアー」についてのお話しです。
この二つのツアーには、数多くのオルタナティブツアーの中でも、ちょっと特別な意味があります。あらたまって言えば、オルタナティブツアーのそれこそ「原点」なのです。

※アパルトヘイト反対から始まったタンザニア
今年の3月にタンザニアから現地旅行社JATATOURSの根本利通さんを招いて「オルタナティブツアー タンザニアの30年とこれから」と題する集いを大阪で開きました。マイチケットがタンザニアとつながったのは偶然ではありません。アパルトヘイトに反対する市民運動にかかわった当時の根本青年がタンザニアに渡ったことから話が始まります。「30年」の集いもアフリカとの連帯をめざす市民グループといっしょに開催しました。今年の秋にはツアーで滞在するキンゴルウィラ村のハミシさんを日本に招きます。行きっぱなしの一方通行の旅ではなくタンザニアの人にも日本を体験してもらうために時々お招きする、というお約束は、ツアーが始まった30年前から変わりません。
http://myticket.jp/archives/category/find-tour/tanzania

※ニカラグア革命連帯から始まったラテンアメリカ
今年の10月には、メキシコから宮園龍二さんを招いて「オルタナティブツアー・ラテンアメリカの30年とこれから」(仮題)という集いを開きます。マイチケットは1980年代に中米ニカラグアへのツアーを繰り返し実施してきました。宮園さんは当時の現地スタッフです。さらに、この集いには当時のサンディニスタ革命に参加したニカラグア人の友人を招く計画を進めています。この集いの詳細はメールイカロスでご案内します。
1990年にニカラグアで政変が起こり、それ以降、マイチケットは隣国コスタリカへのツアーを実施してきました。コスタリカには100万人ともいわれるニカラグアからの移民が暮らしています。目的地は変われども中米ラテンアメリカへの思いは変わりません。コスタリカは「軍隊を忘れた国」。今こそ、その生き方に日本の進路のヒントを求める価値があるのではないでしょうか。
http://myticket.jp/archives/costarica2015-08.html

マイチケットのオルタナティブツアーは、タンザニアとラテンアメリカから始まりました。1982年にスタートしたマイチケットが最初に取り組んだのが二つの地域だったのです。どちらのツアーもそのルーツをたどると30年の時間が経過しています。オルタナティブツアーの30年を振り返り、これからを展望するぞ!という心意気です。とにかく、他のツアーとは気合いの入れようがちがいます。だから、二つのツアーはおすすめです。

■□■マイチケット スタッフ募集■□■
あなたもマイチケットの旅行を創るスタッフに!

業務内容:予約手配をはじめ旅行業全般。コンピュータでの情報処理・英語での情報処理
待遇:弊社規定による
募集人数:1名
勤務:2016年4月勤務開始
募集対象:2016年3月大学卒業の方を対象とします。
やる気のある人であれば、この募集対象に限らず、広く募りたいと考えています。
応募方法:履歴書をマイチケットまで郵送でお送りください。
詳細は担当 山田まで
http://myticket.jp/archives/topics/1427


PAGE TOP